ミクロものづくり岡山

HOME » 活動概要 » ミクロものづくりコーディネーター

ミクロものづくりコーディネーター

県内の技術力のある企業、大学・高専・岡山県工業技術センターなどの技術シーズを持った研究機関、岡山県・産業支援機関などの産学官の連携の仲介役として、微力ながら「新たなものづくり」に少しでも貢献できるよう頑張りたいと思います。

ミクロものづくりコーディネータがお手伝いします

ミクロものづくりネットワーク参加企業のみなさま日ごろの研究開発、生産活動の中で問題になっていることや将来取り組みたい開発課題はありませんか。

ミクロものづくりコーディネータが相談・連絡先を探します。いつでも遠慮なくご相談ください。

2018-06-26 コーディネーターのつぶやきNo16

 先週の21日に「機械要素技術展」の技術調査の為、東京へ出張しました。今年の岡山ブースは
県と市のブースを隣接させて一体化を図った展示でしたので、より強く岡山の”優れたものづくり
技術”をアピール出来たと思います。
 さて他県の企業ブースの様子ですが、今回は来場者の目を引き付けるようなエンターテイメント
性の高い大作もあり、出展企業の本気度を感じさせる展示が散見されました。展示の中で小職が
感心したのは、資本金500万円・従業員数16名の小規模企業者が、高度な切削加工技術を活かし
て、大学MOTと共同で彫塑レリーフの技術開発をし、BtoCの新規事業を成功させた事例で
す。産学官連携に係わる仕事をする小職には大変勉強になりました。
 BtoCの事業をお考えの企業様は是非、「Keyword:毛利 レリーフ」でネット検索をして
みて下さい、きっと参考になると思います。

五軸加工で製作したジオデシックドーム(左:樫の木製、右:アルミ製)
1mm径の工具で削り出したレリーフ(顔は銅製&目の光彩は真鍮製)

ページのトップに戻る